float のすべての投稿

七転び八起き

久々の更新です。

やっと寒くなってきた耶馬渓。
今晩の気温は9℃です。

今年の野菜作りは失敗の連続でした。
春は大雨で田んぼの畦が壊れたり、夏は日照りで5週間も雨が降らず、
秋は寒くならず、アブラナ科の野菜が全滅。

自然相手は、なかなか思い通りにいかない事があります。

しかし、へこたれても仕方がない。
近頃はライスセンターで約100t近くのお米を、乾燥させたり、玄米に摺り上げる作業を今年はしていました。
80歳前後の超高齢ネイティブ耶馬ディアンズと一緒に、まずは何を喋っているかのヒアリング作業から始める楽しい仕事でした。

毎朝、ネイティブ耶馬ディアンズが狩ってきたイノシシやらアナグマを見ては、事務所の冷蔵庫にはイノシシの尻尾が沢山あって、壁には目玉親父みたいなイノシシの胆嚢がぶらさがって、まるで外国にいるような面白体験でした。

そんな仕事も一段落。
これからは大根の収穫やら、たまねぎの植え付け、椎茸の木の伐採、着々と冬支度も進めています。

そして明日は久々の『くぬぎ舎』で出店します。
大根に里芋、春菊にカボス、柚子、ホット珈琲(豆岳ブレンド使用)で参加します。


ニンニクの芽あります!

2016-04-23 11.18.48

にんにくが出来る前の若い茎の部分を言い、
ビタミンや栄養価を豊富に含むんでいます。
今の時期にしか食せない旬の味です。

100g/¥250で販売いたします。

※期間限定、数に限りがありますのでご了承ください。

今年のニンニクは8片品種のものを昨年9月に植え、
2月に追肥として自家製堆肥(籾殻炭、鶏糞、貝粉末、発酵菌)を一度使用しました。

おろしにんにくのような強烈な臭さはなく、コクがありにんにくのほのか香りと甘味で、口当たりも独特です。

炒め物や煮込み料理、ゆがいてサラダなど、やみつきになります。

【保存方法】
商品到着後すぐに調理されることをおすすめします。
保存する場合は、ビニール袋などに入れ冷蔵庫の野菜室で保存して下さい。
長期保存する場合は、いったんゆでてからジップロックなどに入れて冷凍庫で保存します。

【購入方法】
ニンニクの芽購入ページからご購入ください。


雲与橋

大分県中津市耶馬渓町発の『雲与橋』(小冊子)の最新号が発売されました!
今回は2015年5月から2016年2月までの耶馬渓ローカルな情報が綴られています。

12018707_10205964127282191_405347052_o

耶馬渓での行事や出来事が書かれたこの冊子は、下郷地区の地元の方や、移住してきた人達が協力して作っています。

そして今回は1ページ目の見開きを妻のジャスミンがクレヨンと鉛筆で描きました。
もともと絵を描くのが好きだったようですが、震災後の移住、新しい土地での生活や母親としての暮らしに本人も絵を描く暇がありませんでした。

娘の寝ている時間を使い、時には大きな声で娘と格闘の末、完成した絵をジャスミンも本当に喜んでいる姿が嬉しかったです。

今回の『雲与橋』は”たべること”を中心に人やレシピ、お店の情報などが綴られています。

12822050_10205964127202189_1472313343_n

floating farmも載せていただいております。(去年の夏に撮影したので娘が小さい笑)
下郷たべるMAPもついており、耶馬渓に遊びに来た際には活躍すること間違い無しです。

大切なことに耳を傾け、発信する『雲与橋』
興味があるかたはこちらの下郷村フェイスブックページから注文してください。


いよいよ畑仕事、再開!

2016年に入って早え〜!
もう2ヶ月が過ぎて、今日から3月が始まりましたね!

(1月)行く(2月)逃げる(3月)去る。
って言われる3月もあっちうまに過ぎていきそうっすね。

2ヶ月間の畑お休み期間もあっちいうまで、いよいよ明日から本格的に種まきなどの農作業を始めます!!

お休み期間は何をしてたかというと、山の技術を身につけるべく
チェンソーのメンテや扱い(免許取得)、杉や檜などの枝打ち基本、ロープワークの勉強、木の伐採や重機(ユニックやユンボ)の扱いなどに時間を費やしていました。
今年の冬は山の技術が相当身に付いた年になりました。

そして来年は今年の技術を生かし、自給用の椎茸に挑戦する予定!(椎茸うまいっす)

まあ、そんなこんなな2ヶ月間でしたが春先に収穫の喜びを味わう為にも葉もの、根菜、果菜類の準備にとりかかるぞ!
土作りも今年は一手間加え、発酵プラス『ミネラル』の要素に注目していきたいと思います。

土中の栄養素(特にマグネシウムやカルシウム)が田んぼに比べ雨などによって流れていきやすい畑に、海や川でとれる鉱石を砕き細かくしたものや、にがりや海水を希釈させ畑に散布させようなんて目論んでます。

その試みのきっかけは、新たに借りた畑にある細かい鉱石みたいな石が多い畑での作物の出来や味が、別の畑に比べ凄く成長や作物の甘みに違いがあったことから、多分この粒子が作物の成長に関係してるのかもと思ったからです。
調べるうちに土作りに必要な要素は落ち葉堆肥や発酵力だけでは補えず、どうしても2〜3年は畑を休ませなければ地力が衰えていき安定した作付けを循環させる事が難しいと分かりました。

自然をこんな化学的な視線で見た事がなかったけど、面白いっすね。


野菜セット冬休みします。

こんにちは。嫁のジャスミンです。
早いもので今年も残りわずかとなりました。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今年は本格的に『野菜セット』の販売を始め、多くの方に応援していただきました。
至らぬところも多々あったかと思いますが、暖かく見守ってくださった皆様に心から感謝しております。
本当にありがとうございました(^^)/✯

本格的な冬に入り採れる野菜も限られてきましたので、年内で1度セット販売は終了し、1月~4月まで野菜の作付け期間としてお休みをさせていただくこととなりました。

我が家の野菜を喜んでご購入してくださっていたお客様にはご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、来年5月からまたセット販売を再開させていただきますので楽しみにお待ちいただけたら幸いです。

来年は、今年よりも更においしくうれしい野菜をお届け出来るよう精進していきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします✯✯✯

さてさて、そんなこんななクリスマスの今日です。
私は先週から娘を連れ東京へ里帰りしております。
1月6日が父の1周忌にあたるのですが、お寺の関係で早めに帰郷することになりゆるりと過ごさせていただいてます。

父が亡くなってからもう1年がたとうとしているなんて不思議です。
長いこと一緒に住んでいなかったせいもあり、いまだ信じ切れていません。
分かってるけど信じられない。
時々、無性にさみしくてしかたないです。
きっと、一緒に住んでいた母や妹はもっとさみしく思ってるんだろう。。

命って何なんでしょうね。
生まれて死んで、生まれて死んで。。いつから続いているんでしょうか。
生きるってなんでしょう。。?死ぬとは。。。??
言葉にするととたんにペラペラになってしまう。
ただただ深く考えます。。

しかし毎度思うことですが。。。
実家って天国ですねw
ついついいろんなものを食べすぎてしまって帰るころにはどうなってることやら。。
旦那さまに玄米を送ってもらったのでデトックスせねば(> <)
(なんて言いながら傍らにはアイスがあるのはなぜかしら・・・?w)

そしてそんなぐーたら母ちゃんの隣で1歳4か月の娘は、片っぱしからありとあらゆるものをぶっ壊し「ギャング」と呼ばれております。
昨日もテレビをぶっ壊し、今日修理屋さんがきて3500円ほど飛んでいきました。ごめん。。
妹の化粧品をあさり顔中口紅で真っ赤になったり、家中にみかんをまき散らしたり、開かないように戸棚に貼ったテープを満面の笑みではがして持って来たり。。。やりたい放題楽しそうです。

1451014292849 1451014290286

父ちゃんはどうしてるかというと、おうちでお仕事や大掃除に精をだしてくれています。
最近は1人でクリスマスを過ごすことを「くりぼっち」というそうですが、くりぼっちにさせてごめんね父ちゃん。
年末に父ちゃんも東京へ来るので、ちびっこギャングと楽しみに待っているよ!

さて、それまで心ゆくまでだらけなければ!!と固く心に誓っている次第でありますm(_ _)m

皆様のクリスマス、そして年末年始があたたかくしあわせな日々であることを祈ってます✯
どうぞお身体を大切に、健康に楽しく2016年をお迎えください。
そして来年も、中田家及び Floating Farm をどうぞよろしくお願いいたします✯

LOVE


HPをちょこっとリニューアルしました。

予定帳が毎月、楽しい師走のようなスケジュールでしたが12月もやはり楽しい師走です!

今日は高齢一人暮らしで庭の草が刈れないおばあちゃんの家に行き、草を刈り、木を剪定して、
お礼にベジチラシ寿司(カボス使用)と具沢山味噌汁をいただき
そうとう美味しかった〜!

酢飯にカボ酢が好きだってことを知った33歳です。

そんなこんなで最近はカボ酢パワーにやられまくりで、いま住んでいる家の敷地に実っているカボスや
近所で収穫させていただく無農薬カボス(基本、耶馬渓はカボス無農薬)を絞り
我が家ではお酢がわりに色々と料理に使っています。

そして紅芯大根でカボスに赤く色をつけ、それで紅ショウガを作ってみたいと
思いついた今日このごろです。

 

 


大事にしていること

『自分が食べたいもの』
『子どもも安心して食べられおいしいもの』
をモットーに野菜や米、加工品などを作っています。
農薬、化学肥料などを使わず健康な作物を育てます。
こだわった飼育を実践する地鶏養鶏農家さん(NON-GMO)の完熟堆肥と自家製の『発酵落ち葉堆肥』を合わせた肥料を作物の状態にあわせて使用しています。
環境負荷の少ない持続可能な循環型農業、そしてライフスタイルを目指しています。

 

一度に育てられる作物や加工品には限りがありますが、
家族や友人、大切な人に送る気持ちで一つ一つ丁寧に
少しでも多くの方に食べる幸せをお届けできたらと思っております。

 

 


野菜の販売はこちら

商品の注文はこちらをクリック!

旬の新鮮野菜を定期的にお届け(週1、隔週、月1など)
旬の野菜を翌日到着のクール便にて発送します。
お試しでの注文もお待ちしています!
 ※1月~4月の間、作付期間でお休みをいただいております。
収穫&発送は、毎週 火曜日です。
・毎週日曜日までにいただいたご注文を、その週の火曜日に収穫、発送いたします。
・天候などにより収穫出来なくなった場合は、予告なくお届けが遅れてしまうことがございます。あらかじめご了承ください。

【今週の野菜】
『サツマイモ、里芋、春菊、二十日大根、葉根っ子大根、紅芯大根、サニーレタス、高菜、パクチー、鷹の爪(乾燥)、人参、小松菜、梅干、カボス、ユズ』の7〜9品目のどれかです。

_MG_5692

品目 価格(送料別)
おまかせ野菜セット ¥1,800
おまかせ野菜セット ¥3,000
南高梅漬け ¥380
カボス絞り汁 ¥750
カボスホットチリ小(赤、青) ¥400
カボスホットチリ大(赤、青) ¥700
醤油麹 ¥480
柚子塩麹こしょう ¥sold out

 

価格に応じたセット販売もいたします。(単品での販売も可能)
お気軽にお問い合わせください。お問い合わせフォーム

・お支払いは、ゆう貯または銀行振込。
・オンラインからのご注文はクレジット決済、コンビニ決済もご利用いただけます。

商品の注文はこちらをクリック!

 

———–配送料金一覧———–

地域 普通運送価格 クール価格
九州北部 ¥529 ¥897
九州南部 ¥648 ¥1,016
中国地方 ¥702 ¥1,070
四国地方 ¥788 ¥1,156
関西地方 ¥929 ¥1,297
北陸地方 ¥972 ¥1,340
信越地方 ¥1,080 ¥1,448
東海地方 ¥1,026 ¥1,394
関東地方 ¥1,220 ¥1,588
南東北地方 ¥1,328 ¥1,696
北東北地方 ¥1,328 ¥1,696
北海道地方 ¥1,890 ¥2,258

———————————————

〒871-0432
大分県中津市耶馬渓町大字金吉1535-1
e-mail:heymen71.3@gmail.com
TEL:090-3668-8521

 

 


これな〜んだ?

NCM_1076~2

生で食べると、呼吸困難から意識不明に到り死亡する例もあるそうです。(恐ろしや、、)

NCM_1017~2

まず丁寧に洗って泥を落とします。

NCM_1022

適当な大きさにカットし、、竹串が刺さるくらいまで茹でます。

NCM_1033

ミキサーにかけ、なめらかになったら、、、

NCM_1067~2

こねる!こねる!こねる!!!

そして蕎麦殻の灰汁を入れ、さらに、、、、

こねる!!!

NCM_1071

かたちを整え、茹でる。

 

 

NCM_1073~2

こんにゃく、今夜食う!

 

 

 


新米ができました。

久々のブログです。

最近は順調に畑や田んぼができています。

紅葉もシーズンが始まり、車や動物、取り締まりのおまわりさんやら増えだしてきていますので
なにかと用心あれ。

そして、10月の末に稲刈りが無事に終え、美味しい新米が摺りあがりました☆
今年は米ぬかを田んぼに入れ、除草や肥料の効果を期待したのですが雑草にも栄養になってしまったみたいで
草取りが大変でした。
しかし我が家の隣りに住む助っ人、欧ちゃんが草取りや草刈りを一緒に精を出して頑張ってくれたお陰で
今年も一年、お米が確保できました。(嬉)

1432291575478

NCM_0872

NCM_0919

サツマイモも収穫を終え現在は栗同様、熟成保存をしています。
甘さをいかにして引き出せるか、温度や湿度の管理をしながら楽しんでいます☆
サツマイモを楽しみに待ってくれている方々、もうしばしお待ちください!

NCM_0907

苗床にしていた、落ち葉肥料もいい感じでカブトムシの幼虫なんかがゴロゴロ出てきます。(閲覧注意※人による)

NCM_0911

この肥料と籾殻の炭と、鶏糞と米ぬかで再発酵させたモノを春先に畑にぶち込みます!

来年の野菜がもっと美味しくなる気がすでにしています。