〜やんばるからのメッセージ〜

〜やんばるからのメッセージ〜

ミニ上映&高江の現状報告や意見交換などを

2014年2月8日、耶馬渓の下郷公民館で行ないます。

日にち:2014年2月8日(土)

時間:19:30〜

場所:下郷公民館

入場:カンパ制

 

森岡浩二さん(森岡農園)

比嘉真人さん(「やんばるからのメッセージ」監督)

——————————————————————————

沖縄本島北部、国頭郡東村にある高江は、希少な動植物の生息地

として知られる やんばるの森に囲まれた、人口約160人の小さ

な集落。 すぐ隣には、沖縄県内最大の米軍事演習場である、アメ

リカ海兵隊の「北部訓練場」がある。

 

2007年に沖縄北部訓練場の「返還」を条件に、高江集落を

取り囲むような形で、新たに6ヵ所のヘリパッド建設が合意された

ことをテレビで知った高江住人。

ジャングル地帯のゲリラ掃討を目的にした基地で、返還を理由に

老朽化した施設を手放し、使い勝手のよい、機能的な新基地を

手に入れることになります。

それは豊かな自然が破壊されるだけではなく、住民の生活も

危険と隣り合わせになります。

 

高江の人々は、2007年からヘリパッド建設に抗する座り込みを

開始しています。

防衛省からの一方的な決定、住民との話し合いの場は一度も

設けられず、座り込みをした住人や小学生の子供までを相手取り

訴訟(SLAP裁判)という権力を使い圧力をかける国。

高江ヘリパッド問題・そもそものはじまり

高江ヘリパッド問題とは[01] 【やんばると高江(たかえ)】

高江ヘリパッド問題とは[02] 【北部訓練場とヘリパッド移設計画】

高江ヘリパッド問題とは[03] 【高江住民らによる「座り込み」】

高江ヘリパッド問題とは[04] 【国が座り込み住民らを司法に訴える】

高江ヘリパッド問題とは[05] 【裁判所は座り込みの正当性を「ほぼ」認めたが…】

高江ヘリパッド問題とは[06] 【新政権も市民の声を法でねじ伏せる姿勢を継続する】

高江ヘリパッド問題とは[07] 【形だけの「説明会」 そしてフェンス設置工事強行】

 

私たち一人ひとりは小さな力しかありませんが、高江の現状を

知り、意見を交わし繋がりあう事ができればと思っております。

 

—————————————————————————–

・プロフィール

森岡浩二 もりおかこうじ

・有機農家 栃木県で3年間の農業研修の後、1999年来沖。2005年より東村高江に移住。高江で畑2000坪、田んぼ2000坪を営農し、宅配で販売も行う。 また、野菜の加工品も手掛ける。2007年から高江のヘリパッド基地建設反対の 座り込みを始め、主にイベントや高江グッズなどのプロデュースする。

比嘉真人 ひがまさと

・1977年生まれ。フリー映像制作 2007年~2013年ま沖縄県東村高江に住み、米軍ヘリパッド基地問題を撮影した 「やんばるからのメッセージ~高江の記録~」を制作、各地で上映会活動や動画サイトなど 映像による発信をしてきた。現在久高島のドキュメンタリー映画「久高オデッセイ第三部」の 制作にも参加中

—————————————————————————–

・LINK

やんばる東村 高江の現状

YANBARU TAKAE

『標的の村』劇場予告

 

 


Thank you for the B-day message.

1月10日が誕生日のミッキーです。

Face book、メールなど沢山の祝いの言葉、

ありがとうございます。

 

ネット環境が未だ整わず、レスポンスが遅くなって

しまう事が多々あり申し訳ないです。

 

気がつけば31歳。

バースデイは農業研修先の農家さん宅に招かれ

祝っていただきました。

 

今年は自分のライフスタイル確立に近づける年にします。

 

世の中はお金による不幸、戦争、環境破壊、放射能汚染や原発事故収束の問題、

紛争、社会保障やら安全保障、TPPの問題やら

問題だらけで八方ふさがりみたいな世の中ですが

自分の周りからでも、幸せの波を起こすしかないと思っています。

 

自分も色んな事があり今ここにいるわけですが、

生かされてます。ありがとう。

 

繋がる全ての人々と飛躍していく年にしたいと思っております。

 

 

 


当たり前に感謝

当たり前の喜び

今までの自分達の暮らしの中で

当たり前だと思っていたトイレやキッチンの水回り。

 

今冬、耶馬渓での冬を迎えたにも関わらず

お湯無し、お風呂無しの生活で

とうとう年を越してしまった訳ですが、

 

ついに着工しました☆

 

昨年末、中津市の市役所にある譲りますコーナーにて

『給湯器』の文字を見つけ、すぐさま連絡をしたところ

ほとんど使っていない『長府の石油ボイラー』があるとの事。

 

早速、下見にいき現物を確認すると

新品のような石油ボイラー様が配管関係を外され

鎮座されている。

持ち主の方も神様のような方で、以前に農業をされていたらしく

若い人で農業を志すなんて立派っ!!

なんて言っていただき、なんとクボタの耕耘機までつけて頂きました。

 

この感謝の気持ちは、また自分の周りの人に返していきたいと思います。

 

さて、家にもって帰ってきたボイラーがこちら。

IMG_20140106_213207

給水は納屋の地面から出ているパイプを取り回し、ボイラーに差し込み。

給湯は耐熱のHT管(赤)をキッチンと浴槽付近に取り回し。

灯油缶を導管で繋ぎ、電気関係を繋いで完成☆

 

初めてのボイラーの設置でしたが、2時間程度で済みました。

しかし、パイプの周りにスポンジを巻かなかったら翌朝

見事にキッチンに延ばしたパイプは凍って、朝は全然使えませんでした。汗

やはり山は水道関係が凍ります。

 

・対処法は水を少し出しておく。

・パイプの周りにスポンジを巻く。

・ヤカンに水を溜めておく。(朝湧かし、パイプにかける)

 

しかし、お湯が使えるようになり本当に嬉しいです。

家で入る風呂、上がってすぐに部屋、食器洗いが痛く(冷たく)ない、油汚れが信じられないくらい楽、どれも普通は当たり前なんですが凄くありがたみを感じます。

今までは何もかも出来上がった所に住み、知ろうともしなかった

構造や仕組みなどを理解していくとなんだか、

おもしろさや、そのものを大事にしようといった愛着心が生まれてきます♪

 

家も少しずつですが、快適にしていければと思っています。

 

 


2014年あけましておめでとうございます。

昨年お世話になりました皆様、ありがとうございます。

今年も宜しくお願いします。

 

今年は耶馬渓での初正月、餅をついたり、初詣に行ったりと、

久々に正月らしい正月を迎えています。

 

ちなみに初詣は、耶馬渓最古(1300年以上)の雲八幡宮という所に行ってきました。

通常、神社などの入り口なんかに2体の狛犬がいるのは知ってると思いますが、

『あ・うんのカッパ』なんてものがいたり中々素敵な所でした。

 

今年はいい作物が実り、子供も無事に生まれ、皆が幸せに過ごせますように

願っております。

 

ミッキー&ジャスミン