平和的で持続可能な世界

今日は野草の種類や食べ方などを教えてもらった。

この野草に考えさせられる。

なにもしないでもこんなに食べ物が豊富に手に入る幸せを感じた。

現在の世界人口は70億人を超えているといわれている。
そんな人口が先進国のライフスタイルに憧れ、消費を続ければ
当然のことながら環境は応えられなくなると思う。

問題はエネルギー、食、水資源などたくさんあるとおもうけど
食のことを例にしてあげてみる。
【下記の内容は畜産業界をただ否定している訳ではない】
エスキモーやインディアンもコーラを飲んでハンバーガーを食べる世の中。
先進国の人達がステーキやハンバーガーを好む習慣が、中国やその他の発展途上国の人達に急激に広がってきていると思う。
その需要に応えるため莫大な量の畜産をしている現状。
生産性をあげるために色々な添加物(調べたら凄いっす)、ステロイド剤、成長ホルモン、抗生物質いろんな薬が使われてる。
そして飼料として与えている分、人間が消費できるはずの穀物まで減っている。
なにより牛に与えてる飼料のカロリーが牛肉の6〜7倍だそう。
鶏肉の場合は約1.5倍。

世界人口が増え、先進国のセレブリティ化が進み
どんどん食肉文化が増えれば当然環境は耐えられなくなるのは俺でも分かる。

畜産用の穀物をつくるだけで大量の土地、肥料、農薬を使う。
更には遺伝子組み換えなる穀物まで開発されてしまっているからもう神様か?人間は?みたいな。
今はもう人間用の穀物までも足りなくなって
現にここ耶馬渓でも畜産用の飼料が高騰して畜産農家が悲鳴をあげている。

需要と供給のバランスが崩れ、人や生きもの全体、地球が悲鳴をあげている世界ではあるけれど、それぞれの選択一つで平和的で持続可能な世の中になると信じてます。

そんな中、凄く身近にタダで世話もなく自然に食べ物が沢山ある
事を実感した。

_MG_4988

右下から時計周りに、セリ、ふき、つくし、ぎしぎし、カラスノエンドウ、野あざみ、のびる、野かんぞう、タケノコ。
この自然の恵みに感謝し、平和的で持続可能な生き方をしていけるよう野菜作りをしていきたい。