_MG_5476

古代米の緑玄米

満を持して古代米の緑玄米(モチ米)ができました!

2012年の夏にkalavinkamusicの龍石さんが作っていた緑米の田んぼを見せていただいたのが古代米との出会いで、いつか自分も育ててみたいと思っていたお米。
その後耶馬渓に移住し、2014年に緑米を作りました。

無農薬、無堆肥の田んぼに手植えで、苗も丈夫そうなのを一本づつ植え付けました。

10616191_10202584823121699_1543897596631506012_n

掛け干し乾燥まではして籾の状態で保存をしていたものを、先日アラジンストーブ専用ストーブガードを作っている里山エンジンさんに籾を摺っていただきました。

緑米は古代米の中でも生産量が少なく、幻といわれてます。

限定50袋あります!

栄養効果としては血液サラサラ、造血作用、貧血予防などまさに「血のためにあるような雑穀」です。

緑色の玄米の皮の部分にはクロロフィルという緑黄色野菜に含まれている成分が含まれているため、緑色をしています。

また緑米玄米にはビタミン・ミネラルが豊富で、ご飯を炊くときには一合に対し大さじ1杯程度入れ水を少しだけ多めに炊くだけで、ふっくらモチモチの緑米ごはんが簡単にできます。

ONLINEからの購入はこちらからお願いします☆