11148624_10204236803780183_2094774170014580496_n

九州から関東へ

昨日から今日にかけ、沢山の方々から古代米の緑(玄米)をご注文いただきありがとうございます。
今日までにいただいた注文分は明日の午前中に発送させていただきます。

本日は大工の田上さん(tinyhousejapan代表)から紹介していただいた『子どもの未来プロジェクト港北』さんへfloating farmの野菜(サニーレタス、春菊、水菜、チンゲンサイ)を送らさせていただきました。

_MG_5526

_MG_5525

子どもの未来プロジェクト港北の方々は自分で食べるものを選ぶ事ができない福島の子どもたちに対し、ちゃんとした食べ物を与えてあげたいという思いで活動をされている団体です。

先月は、九州産の無農薬野菜を探しているとの事で、わざわざ大分まで足を運び我が家まで会いにきてくれました。

自分たちもアメリカ帰国後311の福島事故がキッカケで九州に移住し、新しい価値観を持った仲間達と繋がり、助け合い楽しく暮らしながら米や野菜を作っています。

そして、関東の想いのある人達の所に、関東から移住してきた自分たちが生産した九州産の安心安全なものを届けられるようになったことがやっと第一歩に繋がったと思います。しみじみと嬉しさを嫁と話しています。

つい先日も台湾が、日本からの食品輸入をすべて停止するというNEWSがありましたが他にも多数の国が日本からの食品輸入規制をしている現実があります。(農水省「各国における日本からの食材の輸入措置」データpdf)
大元のソースは、農林水産省のホームページですが、アップされてすぐに削除されています。

農薬にしても見えず臭わず、体に蓄積していく化学物質です。
すぐに影響はなくても、何年もすれば体や脳、精神作用までにも影響があるものです。

ただ現在農薬を使用している農家さんを責めているわけではありません。広く現状や影響を知り、少しでも環境や次の世代の為にも良い方法を考え実行していく作業を共にしていければとおもいます。

8a3d49a9da45990333757377087ab1ae
4a8d96d484bac1b16d20395e0e93bc96

正直、自分たちが作っている米や野菜なんかは日本人口から考えれば、相当ちっぽけな量です。
けれど少しでも興味を持ち、考えるキッカケになる人が増えればと願っています。
今回の野菜たちは障害をもった人達の集まるイベントで出されるそうなのですが、今後とも役にたてることがあれば力になり繋がっていきたいです。